研修とは

 OJTとは On the Job Training の略で、上司や先輩社員の下について、実際の業務を通じて知識や技術を身につけていく職場内訓練のことをいいます。多くの企業において、特に新入社員教育として導入されており、別の場所で行う社員研修と異なり、時間をとられることもなく、効率的に社員の成長を促すことができます。また、その都度企画・運営が必要な集合研修と異なり費用を抑えることが出来ますし、実際に仕事に携わりますので、企業の売り上げにも貢献します。その意味では、理想的な社員教育であるといえます。

 しかし、新入社員のOJTを担当する上司や先輩の指導力が足りなかったり、コミュニケーションが十分に取れないような場合には、社員教育としての効果は薄れてしまい、かえって社員の成長を遅らせることにもなりかねません。
 OJTが成果を挙げるかどうかは、社員の教育を担当する上司や先輩の人選にかかっているといっても過言ではありません。また、Off-JTのように短期集中ではなく、長い目で成長を見なくてはなりません。

 Off-JTは Off the Job Training の略で、集合研修やセミナー受講のように、実際に働く現場から離れて行う職場外訓練のことをいいます。多くの企業の中で採用されており、その内容も新入社員研修からマネージャー研修、営業スキル研修まで様々です。職場を離れて短期集中で研修を行うため、社員教育としての効果はOJTと比べても高いのが特徴です。費用の面ではOJTよりも高くなってしまいますが、研修の専門家のノウハウを取り入れることができ、もっとも効果的な社員教育方法といえます。

 その反面、短期集中で膨大な量の知識や技術を習得させることとなるため、社員教育の場で得たスキルを実際の仕事で活かせるかどうかは、本人の資質や意欲・姿勢に大きく左右されます。最近では、社員教育を行った数ヵ月後に、前回の社員教育の効果が出てるかどうかのフォローアップ研修として再度社員教育を行うOff-JTも見かけられるようになりました。
 OJTとOff-JTを上手く連携させることで、社員教育の効果が十二分に発揮されます。

 また、eラーニングを利用した社員教育も、近年よく見られるようになってきました。
 eラーニングとは、インターネットを利用してオンラインで社員教育を行う方法です。Off-JTのように一斉に時間を割いて研修などを行う必要がないので、費用が抑えられますし、仕事が終わった後や空き時間でも行うことができるので、柔軟なプログラムを組むことができます。ただし、導入の際にはある程度の費用がかかってしまうので、eラーニングでの社員教育が本当に貴社の企業の環境にあっているかどうかを検討する必要があります。しかし、一度導入してしまえば教育のための人件費等がかからず、費用を抑えることができますので、貴社の企業環境にあっていれば、極めて効果的な社員教育方法といえます。