研修とは

 社員研修を成功させるためには、研修の計画を十分に練ることが必要です。
 社員研修で十分な効果を得るためには、その取り組みの姿勢が重要になってきます。実施する側が思いつきで社員研修を行っているようでは、研修を受ける社員の姿勢もおのずと受身になってしまいます。
 社員研修を行う際には、なぜ社員研修を実施する必要があるのか、そのためにはどのような研修が必要なのかをしっかりと認識し、研修を受ける社員と共有する必要があります。
 
 社員研修を実のあるものにするためにも、社員研修を計画する際には、特に以下の4点に留意してください。

ポイント1:目的を明確化

 社員研修の計画を立てる際の第1のポイントは、目的を明確にすることです。なぜ社員研修を実施するのか、それによって何を目指すのか、社員に何を習得して欲しいのかなど、さまざまな観点からその目的を明確にしていきましょう。

ポイント2:内容を明確化

 研修の目的が明確になると、今の社員に足りない能力やスキルが明確になります。現状が明確になると、自ずとどんな内容の社員研修を実施すれば良いのかが見え、より的確な研修内容を設定することができます。目的に応じた研修内容を設定することが、効果的な社員研修の実現には欠かせません。

ポイント3:期間の設定

 研修内容が決まったら、研修の期間を設定しましょう。業務上の制約もあるでしょうが、社員研修の目的や内容に応じた適切な期間を設定する必要があります。また研修を受ける社員の負担も考慮して、社員が研修内容を無理なく習得できるような期間設定が大切です

ポイント4:環境作り

 社員研修の計画において忘れられがちなのが、社内の環境作りです。社員教育は、社員の変化や成長を目指すものですから、社員の姿勢や意欲が重要になります。社員研修を実施すると意図・目的を研修を受ける社員全体に浸透させ、また社員研修に向けてのモチベーション向上を図りましょう。