研修とは

 社員研修は、人事部や研修担当の社員が会社独自の方法で行っている場合もありますが、近年では社員研修を専門に行っている外部の会社へ委託するスタイルが主流になりつつあります。社外からその道のエキスパートを招くことになりますので、社員研修の外部委託によって、社内に良い緊張感と刺激を与えることも出来ます。
 ただし、研修の外部委託には様々なメリット・デメリットがありますので、十分な検討が必要です。

 社員教育を外部委託するデメリットとしては、第一に自社で独自の社員教育を行うよりもコストがかかることが挙げられます。
 また、研修内容が自社の経営方針や業務プロセスと食い違うような場合には、社内の連携が乱れたり、研修を受けた社員が混乱してしまったりすることも考えられますので、十分な注意が必要です。

 他方、社員教育を外部委託するメリットとしては、社員教育を行う講師の方々は、自分達の企業にはないノウハウや知識・経験を持っており、自社のマニュアル通りの社員ではなく、柔軟性にとんだ社員を育成することができることがあります。多くの研修会社は、顧客企業に合わせた研修のカスタマイズを行っておりますので、自社の企業理念や経営方針も併せて習得させることができます。
 また、会社がその時々に抱える様々な課題に対して、多様な選択肢の中から最適な社員研修を選び、迅速に導入できることも大きな魅力といえるでしょう。
 さらに、社員教育を担当する人事部の負担を軽減することができ、人事部は社員研修以外の業務に専念することができます。教える講師の方々も社員研修を専門にしているので、洗練されたノウハウに基づいて効率よく社員研修を行うことができ、結果として高い費用対効果を得ることができます。